忍者ブログ
極真会館 横浜港南支部 支部長の羽田シゲルです。 私たちの支部は松井章圭館長の下、横浜市の黄金町/阪東橋・本牧・上大岡・戸塚・東戸塚・泉・金沢など7ヶ所の道場で活動しています。このブログでは、道場の活動・出来事を中心に、グルメ・親バカ日記などの気まま事も書いて行きます。気楽にお付き合い下さい。 ご意見・ご感想などのコメントも大歓迎です! (2006/12/9開始)
2017/09/25/Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/12/10/Sat
戸塚道場の秋の昇級者全員に帯・認定状の授与が終わりました。

これでスッキリと年が越せそうです(笑)

帯を授与する際、私はあえて「おめでとう」とは言わず「頑張って!」と声を掛けるようにしています。

その理由は、今回の昇級に甘んじることなく稽古に励んで行ってほしい、そして新たな帯を授かることの責任と自覚を持ってほしいからです。

帯の色が濃くなるに連れて、求められるものは多くなると思います。

しかし、それに応えることでその分成長できるのだと思います。

「立場が人を作る」とはそんなことなのだと思います。

少し背伸びして無理している位が丁度良いのかも知れません。


PR
2011/11/27/Sun
第19回支部内交流試合「港南チャレンジ2011」が無事終了しました。

いつも進んで快く協力してくれる審判員、運営スタッフ皆さん、ありがとうございます。

そして出場選手・応援・関係者の皆さん、お疲れさまでした。

接戦が多かったせいか、試合が会場の使用時間ギリギリまで延び、表彰式・閉会式が簡素なものとなったことは大変残念でした。

ここで、閉会式にお話ししようと思ったことも含め、今回の港南チャレンジで感じたことを書きます。


・勇気を出してこの試合への出場を決め、緊張と戦いながら試合を終えた全選手に心から拍手を送りたい。


・勝った選手でも反省すべき点があったと思うし、負けてしまい今回は結果が出なかった選手でも成長を感じられる選手が多数居た。

結果に表れるのはもう少し先であっても、地道な稽古は決して一つも無駄にはならないことを改めて感じた。


・勝ちも負けも、嬉しさも悔しさも、やりきれなさや不甲斐なさも…、
全て今日の収穫なので、それを持って明日からの稽古に励んで欲しい。


・お父さんお母さんへのお願い
試合はお子さんが気持ちと身体の全てをぶつけ合って行なうもの、言い換えると「全身全霊を込めた自己表現」です。

思わしくない結果が出たとしても、それを否定しないで欲しいのです。

普通の小学生でこんな過酷な状況に身を置く子は少ないと思います。

先ずは勇気を出して試合上に上がったこと、緊張に耐えて戦ったことを無条件に認め、褒めてあげて下さい。

その後に、日頃の生活や稽古で足りないことを前向きに指導してあげて下さい。


・様々な技術やサービスが発達し、スピード時代と言われる現代では、何ごとにも直ぐに結果を求める傾向が強くなっている。

しかし、直ぐに結果の出るものは面白くないし、大きなものや意義深いものは少ない。

直ぐに結果を出すことばかりを考えず、一歩一歩着実な修練を積み「本物」を目指して欲しい。


・今日出た結果は今日の頑張りも少しはあったが、ほとんどが日頃の稽古の成果が出たに過ぎない。

もしかしたら、今日の結果は何週間も前の稽古でほぼ決まっていたのかも知れない。

常にそういう意識をもって1日1日の稽古をやり切って欲しい。

・前回までに比べて技有り・一本が少なかったことは、受けのレベルが上がったからなのか?
それとも攻めの決定力が下がったのか?


・押しや掴みの反則を使い、審判の目を盗んでその試合に勝ったとしても、レベルの高い試合に通用するようにならない。

その場しのぎの反則に逃げることなく、試合に真摯に向き合って欲しい。


最後に、私の口ぐせ‥

「一回の試合は稽古何十回分に値する」

「物より体験!」

まだ試合に出ていない道場生の皆さん、勇気を持って挑戦しましょう!

試合に出る出ないは最終的には自分自身が決めることですが‥。。


2011/11/25/Fri

いよいよ明日は港南チャレンジ2011です。

初めて試合に出る選手も多いようです。

私見ですが、試合に一回出ることは何十回分の稽古に匹敵するものだと思います。


試合とはどんなものかなぁ‥?

思った通りに動けるだろうか‥?

勝てるかなぁ‥

負けちゃったらどうしよう。。


選手たちは色々な不安や緊張と戦っていることだと思います。

それも含めて試合を経験することは、極真空手家として大きな一歩だと思います。

私が尊敬する指導者「カス・ダマト」(マイク・タイソンの師匠)の言葉‥

『 恐怖心は人生の一番の友人であると同時に敵でもある、

ちょうど火のようなもので、上手に使えば役に立つが、一旦コントロールを失うと火傷をすることになる。

恐怖心をコントロール出来れば、芝生にやって来る鹿のように用心深くなることができる 』


選手たちの健闘を期待します!

そして、皆さんの熱い応援を宜しくお願いします!!


2011/11/22/Tue
横浜港南支部の第64回昇級昇段審査会を行いました。

受審者の皆さん、ご父兄の皆さん長時間お疲れ様でした。

そしていつも自発的に協力してくれる師範代・指導員・先輩たちに心から感謝しています。

数えること64回目の審査会となりましたが、何度やっても気付くことは尽きません。

以下、備忘録として気付いたこと、皆さんに話したこと・・・


◇初心者の皆さんはこれから高度な技や強靭な体力を吸収していく準備を今しています。
畑で言えば土を耕して作物が健やかに育つ土壌を作っているところだと思います。

耕すことを稽古に置き換えると

・元気良く挨拶や返事をする
・姿勢と良くする
・先生先輩の手本や話をしっかり見て聞く
・よそ見をしない

などです。

◇基本・移動・型の稽古で強くなる、という意識を持って稽古すること。


◇審査会を無難にやり過ごして帯をもらえれば・・という考えで臨んでは勿体ない。
試合と同様、自分の稽古が正しい方向で出来ているか?足りているのか?を確認する機会として全力で臨むこと。


◇真面目な人が陥りやすいこと、それは教えに忠実に稽古するが疑うことをしないこと。
教わることを素直に聞くこと50%、それを疑ってかかり試行錯誤してみること。

自分の身体と通して、汗をかいて失敗を重ねながら感じて気付いたことが本当の自分に身に付くものだと思います。


◇物覚えが悪い人は安心して下さい。
コツコツ稽古を積んできっと大成します。

逆に物覚えが良い人は要注意です。
気をつけないと物ごとの表面を広く浅くなぞって終ることになります。


◇極真会館には全世界大会を頂点に数多くの挑戦の場があります。
せっかく極真会館で修練を積むのであれば出来る限り挑戦したほうが良いと思います。

以上。。

審査会終了後、師範代・先輩たちとの反省会&打上げをしました。

充実した時間を終えて仲間たちと飲み酒は、どんな高級クラブで飲む酒よりずっと美味いです!

今週土曜日は港南チャレンジ2011です。




2011/11/06/Sun

大会が終了しました!

日本選手は残念でしたが、満員の観客の中で好試合が多くあり、素晴らしい大会になったと思います。

優勝したロシアのタリエル選手は本当に素晴らしいチャンピオンです。

自分に極真があって良かったと素直に思うことが出来ました。

選手諸君、関係者の皆さんお疲れさまでした。

 

※「第10回全世界大会」というタイトルのせいか宣伝目的のスパムのコメントが数十件ありましたので、この回に限ってコメント機能をストップしました。

 

2011/11/05/Sat
第10回全世界大会の2日目が終了しました。

一本勝ちの山で、一時も目が離せません。

2日目でこの熱気なので、明日はどうなってしまうのでしょう。

日本のトップ選手が国内の大会では見たこともない負け方をするのを目の当たりにすると外国人のレベルの高さを認めざるを得ません。

その中でも日本選手には何とか頑張って欲しいと思います。

いよいよ明日です!


追記

少年演武に参加した皆さんお疲れさまでした。

近い将来、代表選手としてこの試合場に上がって欲しいです。



2011/11/03/Thu
大会開催の前日に恒例の審判講習会が行われました。

この大会に向けて血の滲むような努力を重ねた選手の戦いを無にすることが無いよう、ルールや動作の確認を入念に行いました。

どんなにベテランの審判が揃っていようとも全日本や世界大会では大会の前日に必ず審判講習会が行われます。

審判の基本稽古のようなものです。。

講習会には、世界からあらゆる人種の人たちが集まり、ほぼ全てが英語で進められるなど、いよいよ世界大会だなぁと感じました。

私もこの4日間は、国際親善大会、世界大会と大会にどっぷりと浸かり、極真のスケール感を感じたいと思います。

国際親善大会は入場無料ですので、皆さんも応援・観戦をしましょう!






2011/11/01/Tue
稽古で話したこと。(備忘録として)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

君たちの基本稽古を見ていて、「もっと強く打とう、もっと速く打とう、もっと上手く打ってやる!」と言うものを全く感じない。

そんな稽古を何百回したって強くなりはしないよ。

「基本稽古で強くなる」という気持ちで稽古しなければ決して強くはなれないよ。

君たちが今持っているものの中で一番大切なものは何だと思う?

それは命だよ。

そして二番目に大切なものが時間ではないかと師範は思うよ。

時間は増やせないし、貯めることも出来ない。

みんなはこの稽古のために、家から道場の行き帰りの時間を含めて、その貴重な「時間」を使っているんだよ。

その時間を無駄にしてはいけない。

ミットや組手稽古で頑張れるのは当たり前。

相手がいない基本稽古は一番手を抜き易い稽古。

つまり自分と向き合う稽古で自分に勝つこと、

自分に勝てる人が一番強い人なんだよ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

指導は、決められた稽古の司会進行をするだけではないと思います。

常に心に響く言葉、やる気を動かす言葉を探し、必要なときにその言葉を与えられなければならないと思います。。


※明日から国際親善大会、全世界大会の準備・前日行事で5日間東京です。

どんな5日間になるか!?


2011/10/02/Sun
早起きをして映画「ライフ」を観に行きました。

期待通りの面白さで早起きの甲斐ありです。

動物たちの面白い生態へ感心も去ることながら、その映像を撮った人々の根気と努力には感動すら覚えます。

映画館で観て正解だと思わせる作品であると同時に、是非ともメイキング映像を観てみたいと思わせる久々の映画でした。

あの動物たちの生きざまを見ると、生きる意義とか人生の目標とか‥難しいことはいらない、シンプルで良いんじゃないかとも思わされます。。

追記:地球上にいる生き物の種類が500万種類とは驚きました。


2011/09/22/Thu

 

神奈川テレビ(TVK=3ch)でCMの放送が始まりました。

もう見た方は居ますか??

私はまだ見れていません(涙)

放送が始まったら直ぐに貼付けようと思っていて忘れていました(汗)

 


11月4・5・6(金・土・日)は他の予定を入れず東京体育館へGOー。

 

☆全世界大会の詳細は総本部オフィシャルサイトで

☆情報満載!日本代表応援サイトもご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 





羽田シゲルのつぶやき
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
facebookで交流しませんか?
プロフィール
HN:
ハネダ シゲル
年齢:
49
性別:
男性
誕生日:
1967/11/23
職業:
極真会館横浜港南支部 支部長
自己紹介:
国際空手道連盟 極真会館 横浜港南支部・支部長の羽田シゲルです。
最新CM
[11/30 菅父]
[11/09 鈴木]
[10/21 小林修]
[09/01 菅父]
[07/29 徐]
[06/27 元道場生]
[06/27 元道場生]
[06/10 江村 利恵]
[04/20 赤澤で~す]
[04/13 堀井浩]
バーコード
フリーエリア
Design by Nijiko [SUCUREなオカメインコ]
忍者ブログ [PR]
アクセス解析 - はねだブログアクセス解析 <body bgcolor='#000000'> </body>