忍者ブログ
極真会館 横浜港南支部 支部長の羽田シゲルです。 私たちの支部は松井章圭館長の下、横浜市の黄金町/阪東橋・本牧・上大岡・戸塚・東戸塚・泉・金沢など7ヶ所の道場で活動しています。このブログでは、道場の活動・出来事を中心に、グルメ・親バカ日記などの気まま事も書いて行きます。気楽にお付き合い下さい。 ご意見・ご感想などのコメントも大歓迎です! (2006/12/9開始)
2017/10/22/Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/11/09/Wed

入門して間もない幼年・少年部には、大きく2通りのタイプに分かれます。

(A) 泣いてしまったり、固まってしまう子。

(B) 最初から楽しそうにしている子。

20年余り、その双方の子ども達を見てきて思うこと…

(A=泣いてしまう)の子は最初少しの時間は掛かるが期待出来る。

(B=楽しそうにしている)の子は気をつけないと心配。

です。

泣いてしまうということは、「空手の稽古をしっかりやらなければ‥」
という前提を持っていることから緊張や不安を感じています。

なので少しの期間は稽古に入れなかったりしますが、後になってしっかり出来る子が殆んどです。

反対に最初から楽しそうにやる子は、稽古を遊び半分に考えてしまっている場合が多く、稽古とは何なのかをしっかりと言い聞かせないと稽古に身が入らないことになり兼ねません。

という訳で、入門したお子さんが泣いてしまって不安を感じているお母さん、大丈夫です。

逆に楽しそうに道場に行くお子さんには、稽古に取り組む意義を諭す必要があるかも知れません。。

 

PR
COMMENT
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
14年前の息子はどっちだったでしょう。
泣かないけど、トイレに行けない位緊張してました?(笑)
鈴木 2011/11/09(Wed)16:38:42 編集
Re:無題
今までの実績が物語っています!
まじめにトイレを我慢したせいで何度と無く悲劇に見舞われましたので。。(笑)
今となっては良き思い出です。
【2011/11/09 16:46】
TRACKBACK
この記事にトラックバックする:




羽田シゲルのつぶやき
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
facebookで交流しませんか?
プロフィール
HN:
ハネダ シゲル
年齢:
49
性別:
男性
誕生日:
1967/11/23
職業:
極真会館横浜港南支部 支部長
自己紹介:
国際空手道連盟 極真会館 横浜港南支部・支部長の羽田シゲルです。
最新CM
[11/30 菅父]
[11/09 鈴木]
[10/21 小林修]
[09/01 菅父]
[07/29 徐]
[06/27 元道場生]
[06/27 元道場生]
[06/10 江村 利恵]
[04/20 赤澤で~す]
[04/13 堀井浩]
バーコード
フリーエリア
Design by Nijiko [SUCUREなオカメインコ]
忍者ブログ [PR]
アクセス解析 - はねだブログアクセス解析 <body bgcolor='#000000'> </body>