忍者ブログ
極真会館 横浜港南支部 支部長の羽田シゲルです。 私たちの支部は松井章圭館長の下、横浜市の黄金町/阪東橋・本牧・上大岡・戸塚・東戸塚・泉・金沢など7ヶ所の道場で活動しています。このブログでは、道場の活動・出来事を中心に、グルメ・親バカ日記などの気まま事も書いて行きます。気楽にお付き合い下さい。 ご意見・ご感想などのコメントも大歓迎です! (2006/12/9開始)
2017/04/28/Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/10/16/Tue
安全に対する考え方は日米で随分違うようです。

グランドキャニオンの崖の近くには柵も無ければ「危険!」などと書いた看板もないそうです。

崖の高さは1200メートルあるので、その崖から落ちて亡くなる観光客が年間数人いるそうです。

もし日本で大勢が訪れる観光地で崖から人が落ちて亡くなったら、管理者への批判が高まり、すぐさま柵や警告の看板が取り付けられることでしょう。

どうやら、アメリカでは「自分の安全は自分で責任を持つ」という考え方が普通のようです。

救急車を呼べば1回数万円の請求がくるそうですし。。。

もちろん個人では確保できない安全については国や自治体がフォローしてくれるのですが、日本では安全は国や自治体などが保障してくれるという考え方を持つ人が多いそうです。

極真の大会でも選手係に呼ばれるまで試合場に来ない選手がよく見受けられます。

恐らくそういう選手は、もし選手係が呼ばないで試合に遅れたら「なぜ呼んでくれないんだっ」とスタッフに文句を言うのでしょう。

私個人の意見では、試合の進行状況を分かり易く伝えた上で、選手の呼び出しは一切しない方がよいと思います。

話は反れましたが、日本人どころか日本という自体が自国の安全を他国(アメリカ)に任せているのですから、国民の意識がそうなのも止むを得ないのかも知れません。



一日一回のクリックよろしくお願いします!!
人気blogランキングへ
PR
COMMENT
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
この記事にトラックバックする:




羽田シゲルのつぶやき
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
facebookで交流しませんか?
プロフィール
HN:
ハネダ シゲル
年齢:
49
性別:
男性
誕生日:
1967/11/23
職業:
極真会館横浜港南支部 支部長
自己紹介:
国際空手道連盟 極真会館 横浜港南支部・支部長の羽田シゲルです。
最新CM
[11/30 菅父]
[11/09 鈴木]
[10/21 小林修]
[09/01 菅父]
[07/29 徐]
[06/27 元道場生]
[06/27 元道場生]
[06/10 江村 利恵]
[04/20 赤澤で~す]
[04/13 堀井浩]
バーコード
フリーエリア
Design by Nijiko [SUCUREなオカメインコ]
忍者ブログ [PR]
アクセス解析 - はねだブログアクセス解析 <body bgcolor='#000000'> </body>