忍者ブログ
極真会館 横浜港南支部 支部長の羽田シゲルです。 私たちの支部は松井章圭館長の下、横浜市の黄金町/阪東橋・本牧・上大岡・戸塚・東戸塚・泉・金沢など7ヶ所の道場で活動しています。このブログでは、道場の活動・出来事を中心に、グルメ・親バカ日記などの気まま事も書いて行きます。気楽にお付き合い下さい。 ご意見・ご感想などのコメントも大歓迎です! (2006/12/9開始)
2017/04/30/Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/05/19/Sat
剣道の世界に「足軽稽古下郎技(あしがるけいこげろうわざ)」という言葉があります。

稽古に道理や志がない。

稽古に風格がない。

稽古のやり方が卑しい

こんな意味の言葉だそうです。

空手の稽古にもまったくそのまま当てはめられる言葉だと思います。

審査や試合の直前にだけ張り切って、目先の目的だけで稽古する。

稽古の本質を忘れ、枝葉の事だけに目が行き、やりたい稽古だけをしてしまう。

これは初心者よりも、むしろ私を含めた黒帯こそが自分の稽古の仕方、稽古への気持ちを見直すべきだと感じます。

先日の審査会である茶帯の受審者に「君は、今のその強さを培った頃の稽古を忘れてしまっている。その頃の貯金で今何とかやれているだけ。強さを創る稽古を忘れ強さを使う稽古に価値があると勘違いしている」という意味の言葉を掛けた。

少々厳しい言葉かも知れませんが期待するがゆえの”檄”励でした。

その後、彼は心を入れ替え基礎の稽古にも精を出すようになりました。

「思い切って厳しい言葉を言って良かった、こいつは期待に答えて本物になるかもしれない」

と思いました。

こういう事が空手の指導をしていて一番嬉しい出来事かも知れません。

武道の稽古は武術の修得のみに止まらず、広い意味で物事を修めるための本質を見つけ実践して行くものだと信じています。

今日はお堅い話ですみません。。。



いつも応援ありがとうございます!!
人気ブログランキングへGO!!
PR
COMMENT
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
この記事にトラックバックする:




羽田シゲルのつぶやき
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
facebookで交流しませんか?
プロフィール
HN:
ハネダ シゲル
年齢:
49
性別:
男性
誕生日:
1967/11/23
職業:
極真会館横浜港南支部 支部長
自己紹介:
国際空手道連盟 極真会館 横浜港南支部・支部長の羽田シゲルです。
最新CM
[11/30 菅父]
[11/09 鈴木]
[10/21 小林修]
[09/01 菅父]
[07/29 徐]
[06/27 元道場生]
[06/27 元道場生]
[06/10 江村 利恵]
[04/20 赤澤で~す]
[04/13 堀井浩]
バーコード
フリーエリア
Design by Nijiko [SUCUREなオカメインコ]
忍者ブログ [PR]
アクセス解析 - はねだブログアクセス解析 <body bgcolor='#000000'> </body>