忍者ブログ
極真会館 横浜港南支部 支部長の羽田シゲルです。 私たちの支部は松井章圭館長の下、横浜市の黄金町/阪東橋・本牧・上大岡・戸塚・東戸塚・泉・金沢など7ヶ所の道場で活動しています。このブログでは、道場の活動・出来事を中心に、グルメ・親バカ日記などの気まま事も書いて行きます。気楽にお付き合い下さい。 ご意見・ご感想などのコメントも大歓迎です! (2006/12/9開始)
2017/04/30/Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/02/07/Thu
今週末に冬季審査会が開催されます。

昇級し喜び、保留になり落ち込む。それは当然の感情でしょう。

そんな時に次のような言葉を思い出して欲しいと思います。

人間万事塞翁が馬 【じんかん(にんげん)ばんじさいおうがうま】

辞書を引くと。。。
人間の禍福は変転し定まりないものだというたとえ。

〔昔、塞翁の馬が隣国に逃げてしまったが、名馬を連れて帰ってきた。老人の子がその馬に乗っていて落馬し足を折ったが、おかげで隣国との戦乱の際にも兵役をまぬがれて無事であったという話から〕

つまり、良い出来事は悪いことの兆候、悪い出来事は良いことの前ぶれかも知れないので、一喜一憂してもし方のない事だと言うこうことです。

昇級や昇段をして喜ぶと同時にその帯を締める責任の重さを認識し、ふんどしを締め直さねばなりません。

逆に審査で保留になったことが良い薬になり、その後飛躍的な成長を遂げる場合も多くあります。

この話は審査に限ったことではありません。

ある道場生が腕を怪我して、しばらく腕を使った稽古が出来ませんでした。

その道場生はその期間、全ての稽古を下半身に集中して過ごしました。

数ヵ月後腕が治って通常の稽古に戻ってビックリ、下半身の動きが充実したせいで動き全体が格段に良くなりました。

もし、彼が腕を怪我したことで落ち込んで腐って稽古していたらこの様な結果には成らなかったことでしょう。



さて、今日のランキングは。。。?
⇒⇒ 人気blogランキングへ

PR
COMMENT
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
私事ですが...
父が、初期の癌で近々手術しますが、今回の手術が後々、やって良かったと思えるようになればと思います まさに、人間万事塞翁が馬のような結果になって欲しいと思います。私事ですみませんm(_ _)m
余部 忠司 2008/02/09(Sat)04:58:23 編集
無題
自分も正に同感ですし、何時も羽田支部長のブログから大変勉強させられますm(__)m

自分ごときの人生を振り返るのもおこがましいですが、自分のこれまでを振り返ると、順境よりも逆境で成長し逆境よりも順境に甘んじ堕落した事の方が多い様に思います。

何事が起きても自分自身を成長させるチャンスと信じ、これからの人生を歩みたいと思います(^-^)

一生感動一生勉強(青春?)ですねp(^^)q
守友完矢 2008/02/09(Sat)08:26:59 編集
TRACKBACK
この記事にトラックバックする:




羽田シゲルのつぶやき
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
facebookで交流しませんか?
プロフィール
HN:
ハネダ シゲル
年齢:
49
性別:
男性
誕生日:
1967/11/23
職業:
極真会館横浜港南支部 支部長
自己紹介:
国際空手道連盟 極真会館 横浜港南支部・支部長の羽田シゲルです。
最新CM
[11/30 菅父]
[11/09 鈴木]
[10/21 小林修]
[09/01 菅父]
[07/29 徐]
[06/27 元道場生]
[06/27 元道場生]
[06/10 江村 利恵]
[04/20 赤澤で~す]
[04/13 堀井浩]
バーコード
フリーエリア
Design by Nijiko [SUCUREなオカメインコ]
忍者ブログ [PR]
アクセス解析 - はねだブログアクセス解析 <body bgcolor='#000000'> </body>